消費・浪費・投資の違い

普段はあまり意識した事がないかも知れませんが、家計管理をするうえでの「理想的な支出の割合」は、下記の通りだと言われています。

 

消費 ・・・・ 70% 

浪費 ・・・・ 5% 

投資 ・・・・ 25% 

まあ、いきなり比率を見せられても何の事だか分かりませんよね。

つまり、あなたが日々いろいろな事に使っているそのお金が、必要不可欠なものに使っているのか?無駄遣いに使っているのか?その理想的な比率が上記という事です。

そもそも、[消費][浪費][投資]ってどうゆう定義なのでしょうか? そして、私たちの家計管理に取り入れた場合、何を意識して、何に注意すればよいのでしょうか? 以下に簡単に説明していきます。


消費とは?

毎日の生活に“最低限”必要な食費、水道光熱費、生活日用品などへの支出です。 

式でかんたんに表すと、「使ったお金 = 得られる価値」となります。

消費とは生きていくために必要な支出で、他に代替のない、最適かつミニマムな支出を意味します。


浪費とは?

必要のない無駄な支出のことです。

式で表すと「使ったお金 > 得られる価値」です。

つまり、払ったお金よりも将来に渡ってあなたが得る利益・メリットが少ない支出のことを言います。

必要以上の贅沢や賭け事などはもちろん、他にもっと安い、もしくは お金がかからない代替が存在するものなどです。 

例えば、見栄を張ろうとして自分の収入に見合っていないブランド品・高級品などを買ったりしちゃう事ですね。

また、自分への投資のつもりでジムに通ったり習い事に通ったりしたけれど、途中で通わなくなったり身に付いていなかったりする場合は、それは無駄遣い、つまり「浪費」と言えるでしょう。


投資とは?

ここでいう投資とは、自己投資のことです。

現時点では一時的にマイナス収支になったとしても、将来的にはプラスに転じる可能性の高い出費のことです。

転職や昇進のために英会話教室に通ったり、月に一回美味しい物を食べモチベーションを保つなど、(過剰ではない事を前提に)後々に使ったお金以上の見返りが期待できる支出のことだと理解してください。

式で表すと「使ったお金 < 得られる価値」となります。